【おすすめチャットレディ募集サイト】ポケットワーク

チャットレディは、賃貸契約は可能?

チャットレディは賃貸契約できる?どんな書類が求められる?

このページを開いてくれたチャットレディさんは、多分専門の職業でチャットレディをされている方で「チャットレディが家を借りれるかほんの少し不安」と感じられているのではないでしょうか。

「チャットレディは賃貸契約できるの?」

「賃貸契約をする際に必要とされる資料はなに?」

こんな感じの疑問にお答えします。

チャットレディは賃貸契約を結べますが、注意点があります。

しかし、チャットレディは家を借りれますので、ご安心ください。

そうは言っても、チャットレディは個人事業主です。

明日の収入がいくらになるのか保証はございません。

不動産屋さんの立場で考えてみると「家賃を滞納されるかもしれない…」と感じられてしまうかもしれません。

とくにチャットレディは世間からは水商売として認識されています。

水商売は、読んで字のごとく、水のようにすぐに流れてしまいやすい商売という意味。

水商売は収入が不安定だというのが一般的です。

審査が通りやすくするために、チャットレディが家を借りるときは仕事内容を教えないことをお勧めします。

収入証明を求められることがあります。安価な物件では、保証人さえいれば何も書類を求められないこともありますが、高価な物件では違います。

たとえば都内で7万円以上の物件を借りるときは、保証人とは別に、収入証明書を求められます。

不動産屋さんも家賃を踏み倒されたり、滞納されたくないからです。チャットレディの収入証明書は、確定申告書の第一表が便利です。確定申告書の第一表だけ見せれば、勤務先を察知されることなく、収入、所得、納税額を報告することができます。

これ程までの情報があれば、不動産屋さんも了解してくれます。もし、納税額がほとんどなくても、売上がキチンとしていれば差し支えありません。

控除などで税金を安くすることは容易なので、いくら税金を払っているのかよりもいくら稼げているのかのほうが大事です。

チャットレディは確定申告をしてみてください
貸賃契約を結ぶときも、確定申告書が何かと便利です。

現時点で、家を借りるつもりはなくても、これから先家を借りる予定のある方は確定申告をしておくことをお薦めします。

元を正せば、チャットレディは個人事業主なので確定申告を欠かすことが出来ません。

こちらは、法で定めされています。

確定申告をしないまま放置してしまうと、3~5年後に税務署から指摘を受けて多額の税金を払わされるので、ご注意ください。

まとめ

チャットレディは賃貸契約を結べます。

しかし、個人事業主であることと水商売と認識されていることから、審査が厳しくなりがちです。

家を借りる時は、チャットレディの仕事についてはっきり伝えなくても良いです。

保証人を取り、収入証明書をみせれば、不動産屋さんも承認してくれます。

収入証明には、確定申告書の第一表が実用的です。確定申告はこういった場面でも活きてくるので、チャットレディさんも確定申告しておきましょう。

チャットレディにおすすめのクラウド会計ソフト

freee

初心者向けのクラウド会計ソフト。一番カンタンに確定申告書が作れます。メールアドレスを登録するだけで、1ヶ月無料でお試しできます。無料から使える、シェア No.1 のクラウド会計ソフト freee(フリー)。初めての決算書作成や確定申告も、簡単に行えます。中小企業の経理・会計を自動化し、時間を削減。消費税増税やマイナンバー制度など税制・法制改正に無料で自動対応するから安心。

MFクラウド

中級者向けのクラウド会計ソフト。こちらもメールアドレスを登録するだけで、1ヶ月間無料でお試しできます。

面倒な作業はすべて自動化!
明細データの自動取得、仕訳の自動入力で、これまで時間がかかっていた会計業務がラクになります。

申告に必要な書類も自動作成!
確定申告書B、青色申告決算書など、確定申告の必要書類が自動作成できます。e-Taxにも対応の個人事業主向けの確定申告ソフトです。

いつでもどこでも利用できる
従来のパッケージソフトとは違い、時間・場所問わず利用可能なため、会社のパソコンがなくてもご利用いただけます。

Macにも対応
Win/Macに対応しています。個人事業主やフリーランスの皆様の多様なワークスタイルに最適なクラウド型の確定申告ソフトです。

弥生会計

老舗の会計ソフト。多くの中小企業で利用されています。クラウド会計についてはやや遅れ気味です。

法人や個人事業主が使っている会計ソフトの中で、有名なものの1つに「弥生会計」があります。実は、ひとくちに弥生会計といっても、さまざまな種類のものがあります。そのため、弥生会計の導入を考えている場合は、自社に合ったものを選ぶ必要があります。

簿記の知識が無くても使いこなせる画面設計や、仕訳や経理の相談までできる電話サポートなど、「初心者でも導入しやすく、わかりやすい」点が最大の特徴です。