【おすすめチャットレディ募集サイト】ポケットワーク

チャットレディで稼ぐためのコツまとめ。

チャットレディ 稼ぐ

チャットレディの初心者の中には、「待機時間が長くて、全然稼げない」ことで悩んでいる人がいます。稼げない期間が長くなるにつれ、「チャットレディは稼げないお仕事だ」と認識してしまうかもしれません。

しかしながら、チャットレディはコツをモノにすることで、その他のお仕事に引けを取らない収入を稼ぐことができます。

こちらのページでは、稼げないことで悩んでいるチャットレディに向けて、「稼げない人の特徴」と「稼ぐためのコツ」を案内します。

稼げないチャットレディの特徴とは?

「稼げないチャットレディ」には共通点があります。「稼げるチャットレディ」となるためには、自分が持っている「稼げない人の特徴」を改善することが大切です。

活動頻度が少なく名前が知られていない

稼げないチャットレディに共通する特徴の一つは、活動頻度が少ないことです。チャットレディとしてサイトに登録したが、ログインの回数・時間が少ないと、男性ユーザーに自分の存在を気付いてもらえません。自分の存在感が小さい状態では、リピーターを作り出すことは困難です。

もし新規の男性ユーザーとお話できたとしても、何日も間が空いてしまうと忘れられるため、リピーターを獲得できません。

ピークの時間にログインしていない

どのような業種にも「稼ぎ時・繁忙期」と呼ばれる時期・時間が存在します。自由出勤が魅力のチャットレディも同様で、男性ユーザーが少ない時間帯にばかり、ログインしても給料には繋がりません

男性ユーザーがサイト内に増えるライブチャットのピークタイムは、夜の「20:00~1:00」と言われています。男性ユーザーが仕事から帰ってきて、自宅でくつろいでいる時間帯です。この時間帯には、ライバルの数も増えますが、男性ユーザーが多くいるため、稼げるチャンスが豊富にあります。

待機時間が長くなると休憩する

給料が発生せず、話相手もいなくて暇と思い、待機時間中に雑誌を読んだり、スマホに夢中となっていたりするチャットレディは稼げません。

チャットレディの待機時間は、男性ユーザーにとって「この女の子とお話したい」と感じるためにあるトーク開始の入り口です。待機中のパフォーマーが何か他のことに夢中となっていたり、完全に気が抜けていたりする姿を見ると、「今は話しかけない方が良さそう」と男性ユーザーが引いてしまいます。

カメラ映りを気にしていない

カメラ映りを軽く考えるチャットレディは稼げません。チャットレディのお仕事は、カメラの向こう側にいる男性ユーザーを楽しませることであるため、カメラ映りには注意を払う必要があります。

チャットレディとして稼ぎたいのであれば、身だしなみを整え、カメラに映る部分を清潔に保ちましょう。

チャットでうまく会話できていない

チャットレディは、男性ユーザーありきのお仕事です。自分の機嫌や体調に左右されたり、男性ユーザーを雑に扱ったりすると稼げません

男性ユーザーに雑な対応を行うと、「楽しくない」と思われてしまいます。パフォーマーとの会話を楽しめなかった男性ユーザーが、リピーターとはなりません。リピーター獲得よりも、新規の男性ユーザーをターゲットとする場合も、会話が退屈だと短時間でチャットを切り上げられるため、稼ぐことは難しいでしょう。

サイトの客層に合っていない

ライブチャット・サイトは、それぞれに特徴的な雰囲気やコンセプトがあります。サイトのコンセプトや客層に自分のキャラクターが合っていなければ、稼ぐことは困難です

登録するサイトや事務所の雰囲気・客層から、どのようなチャットレディが人気を集めているのか、事前にリサーチしてから始めることが大切です。

チャットレディで稼ぐコツ

定期的にお仕事を行わず、活動頻度が少なかったり、男性ユーザーを意識してパフォーマンスしていなかったりすると、チャットレディで稼ぐことは困難です。

では、どのような努力を行えば、「稼げるチャットレディ」になれるのでしょうか。ここでは、すぐに実践できる稼ぐためのコツをご紹介します。

定期的に長時間ログインする

チャットレディとして稼ぐためには、決まった曜日・時間など定期的に長時間ログインする習慣を付けましょう。

お客さんに、この時間にいつもいる女の子となることで、男性ユーザーの目に留まる機会が増え、リピーター獲得に繋がります。

待機時間も工夫する様にする

稼いでいるチャットレディにとって、待機時間は休憩時間ではありません。

画面の向こうにいる男性ユーザーに向かって、笑顔で手を振ったり、自然で可愛らしい仕草でアピールしたりするなど、何か工夫しましょう。待機中の自分を見て、この子は愛想が良くて楽しそうと思われるようにすることが、接続率を上げるためには大切です。

長時間の待機時間で、疲れた時は一度ログアウトし、時間を決めて休憩しましょう。オンとオフの区別を明確にすることで、集中して男性ユーザーとのトークに取り組めます。

お客さんが喜ぶ会話を考える

会話が途切れないトークスキルを身につけたり、男性が好きなトピックを研究したりすることで、男性ユーザーが喜ぶ会話について検討しましょう。トークの話題だけではなく、相槌の打ち方や話の広げ方、声色など研究すべき事柄は、たくさんあります。

男性を楽しませるトーク術については、数多くの書籍やWebサイトで紹介されているため、複数チェックしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA