【おすすめチャットレディ募集サイト】ポケットワーク

チャットレディの雇用形態はどうなる?

チャトレの雇用形態というのは?

チャトレという仕事は、一般的なアルバイトのような雇用形態とは少々変わります。業務委託という種類にあたり、自分で確定申告をしなければなりません。

自分で確定申告、そんなの面倒、そう考えるとなんだか無理がある気がしますが、業務委託というもののもう一つの特徴が物凄いいきおいで収入を得られる可能性があるということなのです。物凄いいきおいで収入を得られるからこそ、チャトレというお仕事は業務委託というスタイルをとっていると言ってもいいのです。普通にアルバイトをしていても物凄いいきおいで収入を得られることはありませんよね。

時給800円で一日八時間働いても、週一回のお休みをもらうと月収は16万円前後です。週二日お休みをもらうともっと収入は半減してしまいます。しかし、チャトレというお仕事の平均時給は3000円ですから、同じだけ働くとナント月収は60万以上になります。

チャトレというお仕事は在宅でする仕事ですから、通勤の時間も必要ありません。

効率的に、在宅にいながら60万円も稼げてしまうのがチャトレというお仕事の圧倒感なのです。これで、猛烈ないきおいでお金を稼げるという意味が理解出来たのではないでしょうか。ただし、これはチャトレの平均時給で計算したので、一番高い時給のアダルトOKのチャトレになると、時給5000円を超える場合もありますからもっともっと稼げてしまうのです。

現実の上で月収100万円をこえるチャトレも多くいます。マイナーな話ではありませんチャトレの世界では高収入は当たり前なのです。そのチャトレの雇用形態である業務委託は確かに確定申告を自分でしなければなりませんが、最近ではパソコンで簡単に申告を教えてくれるソフトやサイトもあります。

税理士さんにお願いしても節税を考慮した申告をしてくれるので、高い費用心配する必要もありません。むしろ、多少手数料を払っても税理士さんにお願いした方が得な場合も多いのです。

確定申告の際に必要な書類等もサイトが用意してくれますから、気軽にサイトのスタッフに相談してみるといいでしょう。チャトレになり、高額を稼いで一番心配なのが、お金を使い過ぎて後でやってくる税金を払えなくなることです。チャトレでたくさん稼いだからといって、税金のことを考えずに使ってしまっては、後でたいへん困ることになりますので注意が必要です。

業務委託という雇用形態においての注意点はその程度のことなので安心してチャトレというお仕事を始めてみましょう。

基本は雇用されない

実は、多くのチャットレディは、原則は雇用されておらず、正規雇用・非正規雇用いずれにも細分できません。

人に仕事を依頼する場合、雇用契約とは別に「業務請負契約」という契約方法があります。雇用契約が「労働すること」を約束するのに対して、業務請負契約では「結果を出すこと」を約束します。結局のところ、雇用契約では仕事が終わっていなくても会社員のように給料が払われますが、業務請負契約では仕事で結果を出すまで報酬が払われないことを意味します。

チャットレディの場合は時給ではなく、お客さんの利用量に応じた歩合制ですので、業務請負契約が結ばれた個人事業主(=フリーランス)という立場になります。

アルバイト・パートは「非正規雇用」

こういった風に、チャットレディは基本的には業務委託契約を結びますが、一部の事務所によっては雇用契約を結びます。正規雇用は正社員のみですが、非正規雇用の区分は以下のような種類があります。チャットレディの求人が現れている場合に、募集要項にアルバイトやパートと書かれていたら、業務委託契約ではなく非正規雇用契約を結ぶことを指し示します。

正規雇用
  • 正社員
非正規雇用
  • 契約社員
  • パート
  • アルバイト
  • 派遣
  • 臨時職員

契約の種別によって、収入の名目が変わり、確定申告の内容も変わるため、雇用契約を結ぶのか業務委託契約なのかはきちんと確認しておきましょう。

正社員として「正規雇用」も増えつつある

チャットレディの仕事は非正規雇用が多いですが、正規雇用も増えつつあります。

正規雇用への登用の有無は、所属する事務所によって一変するため、募集要項確認してから応募する必要があります。正規雇用を目指している方は、登用の有無を確認しておくといいでしょう。

正規雇用では、勤務先が「年末調整」を行うことで所得を税務署に申告します。労働者自身で確定申告は不要です。

チャットレディとして働く時のお金に関わる注意点

チャットレディとして働く場合の、お金に関わる注意点について見ていきましょう。

個人事業主であるチャットレディは業務請負契約となっているため、収入は給与ではなく報酬となります。報酬は源泉徴収がないため、自分で確定申告を行って所得税を納めなくてはなりません。

正規雇用・扶養でなければ確定申告が必要となる

基礎控除を超える収入金額があったり、給与所得者でなかったり、扶養控除を適用していない場合には、確定申告が必要です。

所得の基礎控除は基本的に38万円までです。確定申告によって所得税や住民税、社会保障費などが決まるため、申告は納税者の義務とされています。申告しなかった場合は無申告加算税といって本来の納税額よりも高額の税支払いが課されることもあります。

正規雇用でない方・扶養でない方・基礎控除を超える収入がある場合は、確定申告を行いましょう。