【おすすめチャットレディ募集サイト】ポケットワーク

チャットレディは、源泉徴収されないので確定申告が必須です。


会員登録の公式ホームページはこちらから

チャットレディの確定申告

ポケットワークとチャットレディ・テレフォンレディの皆様の契約は、「業務請負契約」となりますので、チャットレディ・テレフォンレディの皆様は一人ひとりが「個人事業主」になります。1年間のチャットレディ・テレフォンでの所得に応じて確定申告が必要となります。

下記の対象にあたる皆様は、確定申告をする必要がありますので、ご自身の所得と照らし合わせてご確認ください。

チャットレディ以外の収入がない方 :1年間のチャット所得(経費と控除を引いた金額)が38万円を超える
チャットレディ以外でも給与所得を得ている方: 1年間のチャット所得が20万円を超える
(会社員の方が副業でチャットレディをしている場合など)

※確定申告は20万円以下の場合は不要ですが、各種控除を受ける場合は必要なケースがありますので詳しくは管轄税務署にご確認ください。

※住民税の申告は、20万円以下でも必要な地域はあります。各市町村にてお問い合わせください。
※住民税の申告は管轄役場にご確認ください。

確定申告とは?

確定申告とは、1月1日~12月31日までに得た収入から、経費と控除を引いた金額(=所得)を計算・申告し、それに対する所得税額を確定する事です。今年の所得分の確定申告の期間は、2020年(令和2年)2月17日~3月16日です。

所得の計算方法

1年間のチャット収入-経費=所得

チャット収入 1年間で得たチャット報酬の総額
経費 チャットレディ業務を行うにあたり掛かった費用

何で確定申告するの?

会社員として給与を受けている場合であるのなら、源泉徴収(会社が前以て毎月の給与から所得税等を天引きし、あなた自身の代わりに国に納める)があります。

一方、チャットレディの場合は源泉徴収がありませんので、決まった額以上稼がれている際はあなた自身で所得を申告し所得税を納付することが求められます。

確定申告の流れ

まずはご自身の収入と経費の算段をしてみましょう。

1年間のチャット収入をチェック

例年1月1日~12月31日までの間に日払い・振込みにて得たチャット収入が対象となります。
ポケットワークでは「通勤の方は日払い・銀行振込み」、「在宅の方はすべて銀行振込み」での送金となっておりますので
日払い明細・通帳記帳にてご覧になってください。

経費を計算

チャットレディの仕事をするにあたり次にあげるような経費を計上する事ができます。

お仕事に必要な購入品・その他経費計上するものは必ず「領収書・レシート・WEB明細」などできちんと証明できるようにしておきましょう。領収書・レシートは電磁的記録(スマホ・デジカメなどで領収書等の撮影)での保存も可能です。

WEBカメラ代金
ヘッドセット代金
パソコン/スマホ代金 (私用とチャットでのお仕事で業務割合のみを計上)
チャット用のライト/照明器具
プロバイダ料金などの通信費
チャットで着用するコスプレ衣装代や化粧品代
家賃 (チャットレディ業を行う専用のスペースがあれば、その部屋に対する家賃等を経費計上することができます)
電気代/光熱費 (チャットレディの業務で使用したと明確に説明できる部分のみ、または家賃と同比率として計上)
チャットのお仕事のために買った備品

※上記の経費項目の例は一例です。基本的にはチャットレディ業務をするにあたりに掛かったものは全て経費として計上することが可能です。その他、ご不明点や詳細は管轄税務署へお問い合わせください。

③申告書を作成

確定申告書の作成は国税庁のHPから可能です。

雑所得は、申告書A、Bのどちらでも可

チャットレディを副業として行っている方などは、所得が小額な場合は雑所得として申告する方が多いです。

事業所得は、申告書Bを使用

チャットレディを本業にされている方や、副業で行っている場合でもチャットレディの収入が本業を超えて生活をまかなえる程ある場合には
事業所得として認められる場合があります。

事業所得として申告する場合は帳簿付けが義務付けられており、白色申告または青色申告のどちらかで行います。

白色申告

初めて確定申告を行う方やなるべく手間をかけたくないという方向けです。

今まで白色申告であれば帳簿付けの義務がなく簡単に済ませられていましたが、平成26年分の確定申告より白色申告の場合でも帳簿作成が義務付けられた為、同じ手間をかけるなら控除がある青色申告(10万円の特別控除)をしようという方も増えてきています。

白色申告の場合の帳簿付けは「簡易簿記」でもOK

チャットレディ収入がいくらあったのか、経費はどれだけ掛かったのかなどが一目でわかるようにしたものです。
分かりやすく言うと小遣い帳や家計簿のようなイメージで、ノートに手書きでもエクセルで作成しても大丈夫です。

青色申告は、65万円特別控除。 事前の申請手続きの必要あり

青色申告を行う場合には事前に「所得税の青色申告承認申請書」を提出しておく必要があります。

※平成31年1月1日~12月31日の所得を青色申告する場合は、平成31年3月15日までに「所得税の青色申告承認申請書」を提出し、
確定申告の際は申告書と青色申告決算書を提出します。