【おすすめチャットレディ募集サイト】ポケットワーク

副業チャットレディは税金を減らすために、経費の記録をしましょう。

副業でチャットレディをしている場合、経費計上が可能です。少しでも課税所得を減らすために申告できるものがあります。通信費、消耗品、住んでいる家の家賃なども計上できる可能性があります。丸々ではないですが一部を仕事の場所として使っているのであれば可能です。

通信費も、普段から使っている分もあると思いますので、その分は差し引いて申告をすることになっています。

チャットレディが必要経費として計上できるもの

チャットレディの仕事では、さまざまな物を経費として落とすことができます。交通費なども経費の1つです。

自宅の家賃や電気代や水道代などの水道光熱費

在宅でチャットレディをしていれば、自宅の家賃や電気代や水道代などの水道光熱費も経費にできます。

たとえば、専業でチャットレディをしている人が、1日で8時間チャットレディに関する仕事をしていたとします。このとき1日24時間のうち、3分の1である8時間分は仕事場として自宅を利用していたので、33%が経費になります。電気代や水道代も同じように割合で計算をしましょう。

仕事に必要なパソコン機材の費用

チャットレディを行う上でパソコンは仕事に必要不可欠なものなので、経費にすることも可能です。

10万円以上減価償却費として計上します。10万円未満であれば、そのまま経費とすることができます。

しかし、10万円以上は減価償却という計算方法となります。減価償却とは、長期にわたって使用する資産を耐用年数で割り、一定期間ごとに費用として計上することです。

またWEBカメラやマイクなどは仕事関係のため経費です。チャットレディではインターネットも利用するので通信費も経費となります。

化粧品などの費用

これらは、仕事で使用するものとなるので、一部経費として計上することができます。

洋服や化粧品は仕事だけでなく私生活でも使用するので、30〜50%を経費として計上している人が多いです。

交通費

交通費は、基本全額経費として計上することができます。

車を使う場合のガソリン代も経費にできます。

経費計上には、領収書やレシートの保管が必要です

経費であることを証明する場合、「領収書」や「レシート」の保管は必須です。

領収書やレシートは7年間保管しておくことをおすすめします。

もし領収書をもらえなかった場合は、購入日や店舗名、購入商品とその金額がわかるメモを残すと領収書代わりになります。