【おすすめチャットレディ募集サイト】ポケットワーク

学生にチャットレディの仕事が人気の理由とは?

学生にチャットレディの仕事が人気の理由について解説します。

チャットレディは18歳以上(高校生不可)から登録が出来るので、大学生・短大生・専門学生などが、バイト代わりとして始めるケースが増えています。

チャットレディとは、スマホやパソコンでTV電話の様にカメラ映像を通して男性とコミュニケーションをとるだけの簡単なお仕事です。 学業や就活などでなかなか時間が取れない方でも、空き時間で手軽に稼げることから学生の間で人気のお仕事です。

学費やショッピングのためにお金が欲しい、そんな学生さんには最適!

在宅・通勤、どちらでもOK!男性と直接会わずに安心、安全に稼げる高収入なお仕事です。

チャットレディのお仕事は学生でもできる?

チャットレディは、学生の方でもすることが可能です。

18歳以上である事が証明できれば、誰でも基本的にチャットレディ出来ます。証明は、身分証明書を提出することで可能になります。

学生の方でも、親に仕送りしてもらってなかったり、家庭の事情で結構生活費を安くして暮らしてる方とか結構いますね。

ちょっと足りない時に、チャットレディで稼げば、しのぐことができます。

チャットレディって学生には最適なアルバイト?

チャットレディは、気軽にスマホからでも出来ますし、家じゃできないという方は、通勤ルームに通勤するだけで簡単に稼げます。

大手のチャットレディの会社であれば、通勤ルームはかなり色々な場所になるんです。もう全国各地にあると言っても過言ではありません。

それだけ、チャットレディって今需要があります。

学生の方って、学校の授業の都合だったり、サークル活動だったり、ゼミだったり、色々あると思いますが、そんな予定を調整しながら、バイトをするのって大変じゃないですか?

テスト前には、あんまりアルバイトって入りたくないと思います。その理由は、勉強しないと単位がもらえないからです。

しかし、チャットレディでしたら、自分の好きな時に働くことができるので、空いた時間をお金に変えることができます。

バイトのシフトを調整して、バイトがあるから泣く泣くデートの約束も断ったとか、そういう事にもならないで済みます。

自分の好きな時間だけ働くことができるためです。

学生がチャットレディをする時に気を付ける事って?

学生がチャットレディをする時に気を付けなければならないことをお伝えいたします。

学生がチャットレディをする時には、働き過ぎに注意しなければなりません。

学生と言えば、親の扶養に入ってる状態の方がほとんどでしょう。あまり働き過ぎると、親にたくさん稼いでることがバレてしまいます。

そのため、学生の方は、お小遣い程度に稼ぐのが一番良いでしょう。

チャットレディの確定申告をすればばれない?

チャットレディで仕事した分の確定申告を、自分ですれば親にばれずに済みます。

確定申告って、ちょっと面倒だなと思うかもしれませんが、実は簡単です。稼いだ金額を申告して、稼いだ分の税金を支払うだけです。

確定申告の時期になると、近所の最寄りのショッピングセンターなどで、確定申告の相談会が行われています。

そこに行けば簡単に確定申告をすることができます。

年間で38万円以上稼いだという方は、確定申告が必要なので、確定申告をすると良いでしょう。

チャットレディをしてますと言わなくても大丈夫なので、会社名を記載するだけで問題ありませんので、たくさん稼いでしまった方は、自ら確定申告を行うと良いでしょう。

税金のことさえ気を付ければ、学生の方にとって、チャットレディほど自由がきいてお金が稼げる高収入アルバイトはありません。

気になるという方は、一度体験からでもしてみるとチャットレディの魅力がわかるでしょう。

チャットレディが学生に人気の理由

学業と両立しやすい

飲食店・コールセンター・ショップ店員など学生に人気のあるバイトも、ほとんどがシフト制なので事前に予定を立てなければならず、急に予定を変更したい時に困った事はありませんか?

その点チャットレディなら、シフトは一切関係なく自分の都合の良い時間だけ仕事することが出来ます。

「今日は午前中しか授業がないから午後にチャットしよう」「学校行事で忙しいから一週間チャットはお休み」など、自分の予定を第一に優先できるのでバイトだけになって、学業が疎かになってしまうことがありません。

在宅チャットレディで24時間365日好きな時に稼げるのはもちろん、ポケットワークなら通勤チャットレディの場合も事前予約なく当日の飛び込みもOKです。

チャット衣装やウィッグなどチャットに必要な物は完備されているので手ぶらで来ても大丈夫です。

生活にゆとりが持てる

特に一人暮らしの場合には、バイトをしないと生活ができないという学生の方も多いと思います。

時給の良い所を選ばないと学業とバイトで時間がなくなり、プライベートで遊ぶ時間も確保しにくいですよね。

ポケットワークのチャットレディが稼がれる平均時給は通勤で3,000円前後・在宅で2,000円前後。

チャットレディは男性のお客様とパソコンやスマホの画面越しにコミュニケーションをとりますが、ネット上ならではの特性で、1人の女性のチャットに何人もの男性が同時に参加することができます。

男性一人ひとり料金が発生している為、参加人数が多ければ多いほど女性が稼げる金額も増えていき、時給を5,000円にも10,000円にもすることが可能です。

空き時間をうまく利用して、時間にもお財布にも余裕を持たせることができます。

学生が高収入を得る際に注意したい点

チャットレディで稼いだ収入でも納税の義務があります。

コンビニや居酒屋など、一般的なアルバイトで貰う給料は源泉徴収されている為、自分で何もしなくても自動的に所得税を納めることが出来ています。

しかし、チャットレディの報酬には源泉徴収がありませんので、ご自身で確定申告(=1年間に得た所得を申告する)を行った上で確定した納税額を納める必要があります。

確定申告が必要なケース

学生でチャットレディのみを行っている場合
年間で38万円以上のチャットレディ収入がある

 

学生で他のアルバイトとチャットレディを行っている場合
年間で20万円以上のチャットレディ収入がある

親の扶養から外れる可能性

学生の方は親の扶養に入っている方がほとんどだと思いますが、アルバイトで稼ぐ、チャットレディで稼ぐに関係なく、一定の金額を超えると扶養から外れてしまいます。

健康保険上の扶養

こちらの扶養から外れないようにするためには、収入を130万円以内に収める必要があります。 所得税法上の扶養は所得が基準となりますが、健康保険上の扶養は収入が基準です。 どんな仕事をした場合でも年間収入が130万円を超えてしまった場合には、扶養から外れて自分で保険料を払わなくてはいけなくなります。

完全歩合ですので扶養を外れない事を考えてお小遣い程度に稼ぐこともできますし、税金・保険を自分で払う覚悟で高収入を得るという選択肢もあります。

チャットレディをしている学生の確定申告について

チャットレディのお仕事をしている学生でも確定申告が必要です。(※高校生は基本的には登録できません)

ただし、チャットレディで得た報酬が年間(今年1月~12月)38万円以下の収入であればでも確定申告をする必要はありません。

年間38万円を超えると「所得税」が該当されますので、学生でも確定申告が必要になってきます。

確定申告において所得税額の計算をする場合、総所得金額から差し引くとこができる控除の一つで「基礎控除」があります。

基礎控除とは、他の所得控除のように一定の要件に該当する場合に控除するというものでなく適用されます。その基礎控除の金額が38万円になるということです。

分かりやすく言うと、チャットレディとしての報酬が年間で38万円あったとします。そこから基礎控除の38万円を差し引くと±0円になります。この場合、課税の対象にはならないので税金を納める必要がないということです。このようにすると、あなたは扶養家族の枠に当てはまります。

学生の場合、確定申告をすると家族にバレてしまうのではないかと思っている方がおられますが、親の扶養から外れないように(税金を納める金額まで仕事をしない)すればバレることはないでしょう。

報酬が思った以上に発生した場合(年間103万円以上)、親の扶養から外れることになり、親が支払う税金も増えてしまいますので(扶養控除が適用されなくなる為)そうならない為にも注意しましょう。

あなた自身が学生でも、自分で保険や税金を支払うことになりかねますので気をつけて下さいね。

そして、納付書を自宅へ送ってもらう際は、実家だと納付書自体は知られてしまいますが、チャットレディの仕事に関してのことまでは書かれていませんので、そこは安心して頂いて大丈夫です。ですから適当に、ごまかすことが出来ます。しかし、ごまかすと言っても、親に心配をかけない為です。

それ以外でも、家族にバレないようにチャットレディのサイトがアリバイ対策をしてくれるとこもありますので、一度相談してみると良いでしょう。

チャットレディで稼いだら確定申告はすべき?

チャットレディである程度収入を取って、生活できるほどの稼ぎが出ているなら、しっかりと確定申告はしておくべきです。

1年間の所得の合計が38万円以上あるのであれば、確定申告をして税金を支払う必要があるので、どのくらい稼いだかはしっかりと把握しておく必要があります。

場合によっては買い物したものが「経費」として収入から引く事ができる可能性もあるので、買い物した際のレシートや領収書は取っておきましょう。

チャットレディで確定申告する際に、経費になりうるものを挙げると下記の様なものになります。

チャットレディの経費になるもの

・パソコン

・スマホ(機種代金)

・通信料(Wi-Fiなどあれば)

・WEBカメラ

・コスプレなどの衣装

など

上記のものは、チャットレディの仕事をする際に必要なものなので、経費として収入から差し引く事ができます。

また、税金や確定申告についてわからない事があれば、専門家に聞く事をお勧めします。