【おすすめチャットレディ募集サイト】ポケットワーク

産休・育休中にできる副業のチャットレディについて解説します。

そもそも副業して良いの?

稼ぐ前にまず疑問になるのが、お休みもらっているのに稼いで良いの?

会社が副業NGにしている場合はしない方がいいと思いますが、確定申告が必要なくらい稼いでも税金を自分で支払うようにしておけばばれないと言われています。

その部分は自身の責任で判断してください。

副業で収入を得たら、給付金はもらえるの?

せっかく時間を割いて副業しているのに、産休・育休中の手当がもらえないのは残念ですよね。そういう理由で色々制度を調べてみると

本業とは別の仕事からの収入は、産休・育休中の給付金とは関係がないことが証明されました。そのかわり副業で稼いだ分の税金は確定申告をしてしっかり納めます。

これがわかれば、思い切って稼げます。

育児休業(育休)とは?給付金とは?

さっそく育児休業とは、子供を育てている労働者の方が頂けちゃうお休みのことです。育児・介護休業法により保障されている制度ですね。

育児休業中に、雇用保険よりもらえるお金の事を育児休業給付金といいます。

育児中にお仕事が行えなくなるので、生活を保障してくれる目的で支給されるお金です。本当にありがたいですよね。

育児休業給付金がもらえる条件とは?

次に、給付金が貰える条件を説明します。

育児休業給付には、育児休業期間中に支給される「育児休業給付金」があります。

育児休業給付は、被保険者(※)が1歳又は1歳2か月(注意1)(支給対象期間の延長に該当する場合は1歳6か月又は2歳)未満の子を養育するために育児休業を取得した場合に、休業開始前の2年間に賃金支払基礎日数11日以上ある完全月(過去に基本手当の受給資格や高年齢受給資格の決定を受けたことがある方については、その後のものに限ります。)が12か月以上あれば、受給資格の確認を受けることができます。その上で、育児休業給付金は、

1. 育児休業期間中の各1か月ごとに、休業開始前の1か月当たりの賃金の8割以上の賃金が支払われていないこと。

2. 就業している日数が各支給単位期間(1か月ごとの期間。下図参照)ごとに10日(10日を超える場合にあっては、就業している時間が80時間)以下であること。(休業終了日が含まれる支給単位期間は、就業している日数が10日(10日を超える場合にあっては、就業している時間が80時間)以下であるとともに、休業日が1日以上あること。)(注意2)

の要件を満たす場合に支給されます。

※ 被保険者とは、一般被保険者及び高年齢被保険者をいいます。

注意事項

注意1 : 「パパママ育休プラス制度(父母ともに育児休業を取得する場合の育児休業取得可能期間の延長)」を利用する場合は、育児休業の対象となる子の年齢が原則1歳2か月までとなります。ただし、育児休業が取得できる期間(女性の場合は生年月日以降の産後休業期間を含む)は1年間です。

注意2 : 育児休業期間中に、1か月間に10日を超えて就労した場合、その際の就労に対する賃金額を、次の子に係る育児休業を取得した際の育児休業給付金の支給額の算定に使用する場合があるため、次の子に係る育児休業給付金の支給額が減額になる可能性があります。

引用:ハローワーク公式サイト

下記に要点をまとめてみました。

雇用保険に加入している
育休前の2年間のうちで、1ヶ月に11日以上働いた月が12ヶ月以上ある
育休中に休業開始前の給料の8割以上の賃金の支払いがないこと
就業している時間が月80時間以内

上記の最後の条件が今回のポイントになってくると思います。

給付金をもらえる条件のひとつに「月に80時間以内の就業時間」というものがあります。

これは結局のところ育休中でもお仕事をしてもいいという事です。ちょっと前は「月10日以下の就業日数」が条件ではあったんですけれど、2016年10月に育児休業給付金制度が改正されて「月80時間以内」であれば何日働いても大丈夫なりました。

産休・育休中にできる副業は制限されている

産休中はお腹も大きく、体力仕事はできません。育休に入っても小さい子どもがいるので外に出て働くということはできません。

そうなってしまうと副業となるのは在宅ワークに限られてきます。

ブログを書く(アフィリエイトやアドセンスを狙う)
記事を書く(ライター収入)
物販(転売やネットショップやフリマアプリなど)
メールレディ・チャットレディ

他にも職業の関係上できる仕事は色々あると思いますが、パソコンを使った技術力があると在宅ワークはオトクだと思います。

月3万円は意外と簡単にできます

上記の副業を色々試したわけですが当初からパソコンの技術やライター技術、ビジネスに関する知識のない方はことごとく挫折する様です。

そして試す人が多いのが、「メール・チャットレディ」という仕事です。

どれくらい稼げたかというと最初は4万くらいで、そのうちにコツをつかんでとんとん拍子にいつの間に数十万という収益を獲得しました。

必要なのはコミュニケーションである

メール・チャットレディで必要になるスキルは簡単にいうと

コミュニケーション能力だけです。

これならできそうだと思いませんか?

もしかすると、人とコミュニケーションすることがストレスだったり嫌な人にとっては楽しくない仕事かもしれません。

産休・育休中は稼いで大丈夫です

まとめると産休・育休中は稼ぐことは可能です。本業でないところからの収入であれば給付金も満額もらえます。ただし会社が副業OKなのかの確認、副業で稼いだらしっかり確定申告をすることが必要になってきます。

産休・育休中というのは子育てをする期間となっているのですが、今後の人生を考えるひとつの転換点になります。このままこの会社にいるのか、働き方を変えるのか、仕事をやめて育児に専念すべきなのか。

また社会から離れる事で疎外感、子育てのストレスなど、色々なことを考える時期です。

ただ稼ぐと言っても色々な方法があるので、あなたにあう稼ぎ方をみつけてよりよい人生に近づけるようにしてください。