【おすすめチャットレディ募集サイト】ポケットワーク

開業届は、チャットレディをするときに出す必要がある?

チャットレディは開業届を出すの?出さないの?

チャットレディのお仕事は基本的には「個人事業主」という形になりますので、細かい部分までお話ししますと【開業届を出す必要がある】のです。

開業届とは?

個人事業主としてお仕事を始めたときに、こんなお仕事を始めますよという報告の為に、税務署に提出する書類のことです。
特に難しいことを書くわけではなく、自分自身の情報やどんなお仕事をするのか書くだけです。

書き方がわからない場合は、管轄の税務署へ行って、「開業届を出したい」と伝えれば担当の人が書き方などすべてその場で教えてくれるので、言われる通りに書いて提出するだけでOKなのです。

開業届とは?

[手続名]個人事業の開業届出・廃業届出等手続
[概要]
新たに事業を開始したとき、事業用の事務所・事業所を新設、増設、移転、廃止したとき又は事業を廃止したときの手続です。

[手続根拠]
所得税法第229条

[手続対象者]
新たに事業所得、不動産所得又は山林所得を生ずべき事業の開始等をした方

[提出時期]
事業の開始等の事実があった日から1月以内に提出してください。
なお、提出期限が土・日曜日・祝日等に当たる場合は、これらの日の翌日が期限となります。

[提出方法]
届出書を作成のうえ、持参又は送付により提出してください。

引用:https://www.nta.go.jp/taxes/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/04.htm

開業届を提出すると何かメリットはあるの?

開業届を提出すると、同時に確定申告の申請書も提出することができます。

この「青色申告承認申請書」を出す事で、

・65万円控除

・赤字を3年間繰り越せる

・家族に給料をはらえる

・30万円未満の資産をすぐに経費にできる

という特典が受けられます。

チャットレディのお仕事には、

赤字を3年間繰り越せる

家族に給料をはらえる

の2点は関係ないのですが、65万円の控除は無視できないくらい大きいのです。

コチラでいう控除とは税金を計算するときに予め65万円を差し引く事ができるので、納付する税金が少なくてオーケーなのです。

サラリーマンやアルバイトの場合は「給与所得控除」というものがあるので、何もしなくても税金が安くなっていますが、個人事業主の場合は、『青色申告』にしていないと、給与所得控除のような節税ができません。

結局のところ青色申告にしておかないと、どの人よりもマイナスが出ている状態となってしまいます。

なので、節税したい場合は必ず開業届と一緒に『青色申告承認申請書』を提出するようにしましょう。

開業届を出すことによるデメリットはある?

書類が家に届くようになる

開業届を提出すると、毎年1月くらいに確定申告の書類が一式届くようになります。

実家暮らしで家族に内緒でチャットレディをしている人は、書類が届くと家族になにか事業でもやっているのかな?と思われる可能性があります。

ちなみに届いた書類がなくても、税務署に行けば確定申告の書類は置いてありますので、届いた書類は紛失してしまっても問題はありません。

失業保険が受け取れなくなる

会社を辞めた人が求職活動をする為の救済制度にあたる「失業保険」が受け取れなくなります。

ですが、そもそもチャットレディを始める時点で収入が発生するので開業届の提出・未提出に関わらず失業保険を受け取る対象ではありませんので、特にデメリットではないですね^^;

開業届の書き方は?

正直難しい事はないので、書類を見れば誰でも書けると思いますし、いずれにしても税務署に提出するので、税務署に足を運んでその場で書くようにすれば、書き方はすべて教えてくれます。

事業の概要

ここに「チャットレディ」とは書きたくないですよね。

なので、『動画配信サービス業』と書くようにしましょう。

それを見て、この子はチャットレディであると思われる事はまずありません。

最近はyoutuberを始める人も多いので、そういった関係のお仕事かなくらいにしか思われません。

屋号

屋号とは、例えば飲食店を始めようと思った場合に「エラレル食堂」のような、お店の名前を書く所です。

チャットレディに屋号は必要ないので、空欄で構いませんし、名前をつけたい場合は書いても構いません。

ただし、屋号を書いてしまうと、届いた書類のお届け先に屋号が記載されてしまう場合があるので、同居人に知られたくない場合は空欄にしておけば、書類は自分の名前宛で届きます。

給与等の支払の状況

チャットレディのお仕事は自分ひとりで完結するお仕事なので、従業員はいませんので、空欄で大丈夫です。

開業届は提出したほうがいいの?しないでいいの?

前述したとおり、開業届は提出しなくてもペナルティはありません。

ただし、確定申告に関しては申告が必要になる所得を得ている場合は必ずしなければいけません。

なので、確定申告が必要でない金額しか稼がないようなお仕事のやり方の場合は提出する必要はないです。

しかし、頑張って思いっきり稼ごうと思っている場合は節税の為に65万円の控除が利用できる『青色申告』をするため開業届は提出したほうがいいです。